みなさんが飼われているワンちゃんのお口からは、

どんな口臭がしますか?

 

特に気にならない程度、少し臭う程度?

または、魚の腐ったような腐敗臭?!

臭いだけで健康にはなんの影響もないと

思って放置しているワンちゃんの口臭、

実は病気の前触れの可能性があるんです!

 

今回はワンちゃんの口臭や病気へのリスクを始め、

その対策方法までをまとめてみました!

■犬の口臭はこんな病気のサインかも?!

ワンちゃんの口臭は、ただ臭うだけで

済ませてはいけない可能性が大きいことを

始めにお伝えしておきたいと思います。

「ワンちゃんの口臭がキツイ。」 

 

「前まではしなかったのに、

老化とともに気になるようになってきた。」

 

そんな方は、特に注意して頂きたいです。

▼ワンちゃんの口臭が関係している病気

歯周病

歯周病はワンちゃんの口腔ケアで

未然に防げることが多く、

小さなころからの口腔ケアが大切。

 

歯周病を放置しておくと、

最悪ワンちゃんの頬に穴が空いてしまうという

恐ろしい症例も少なくありません。

 

口臭がかなりキツイ場合は歯周病が

進行している可能性も高いので、

すぐにかかりつけの動物病院等で

診察してもらうようにしましょう。

腸内環境の不良

腸内環境が乱れると、腸内で悪玉菌が増殖します。

 

この悪玉菌はワンちゃんの免疫機能を

低下させてしまうばかりか、

消化不良を起こす原因にも。

 

また、悪玉菌は口内にも溜まっていく傾向があるため、

悪玉菌の影響により毒素が体中に溜まり、

口から悪臭を放ってしまいます。

 

腸内環境の乱れは後に大きな病気に

繋がる可能性もありますので、

そうならないためにも、悪玉菌を減らす=善玉菌を

積極的に摂るようにしましょう。

糖尿病

糖尿病は、ワンちゃんがどんなにお水や

食事を飲食していても体重が減少していく症状が

出る病気です。

 

放っておくと、脱水症状が起こり、

命の危険が考えられる病気なので、

口臭や体重に変化が見受けられる場合は要注意。

腎不全

腎不全の主な症状は、

口臭の変化(かなりキツイ)、

嘔吐、脱水症状などがあげられます。

 

腎不全になると、腎臓の機能が停止してしまうので、

尿と一緒に排出されるはずだった老廃物などが

体に溜まっていってしまいます。

■口臭の対策方法は?腸内環境改善がカギ!

歯周病や歯肉炎などの予防法としては、

やはり歯磨きやガムなどでの口腔ケアが最も重要です。

 

ただし、上記でお話しした病気でおわかり頂けるように、

ワンちゃんの口臭は体の内側からの

不調によって繋がって起きている可能性も

大いに考えられることがわかります。

 

ワンちゃんの体調をしっかりと整え、

口臭改善を計るためには、ワンちゃんの日ごろの

食事を始め、腸内環境を健康的に保つことが

最も重要かと思います。

 

ワンちゃんの腸内に悪玉菌が必要以上に

増えないためにも、とにかく善玉菌を増やしてあげて、

その他ワンちゃんに必要な栄養素

(ビタミンやミネラル、たんぱく質など)を

バランスよく摂取させてあげるようにすることが望ましいです。

 

最近では善玉菌を増やしてくれる乳酸菌

効率よく摂取出来る犬用サプリメントなども

ありますので、愛犬の口臭が気になる方は

試されてみてもいいかもしれません。

 

特に栄養価が高く、

生きた乳酸菌が配合されたサプリメントとしては、

キュアペットというサプリメントなどがあります。

 

また、善玉菌は免疫機能などを守ってくれる働きも

ありますから、ワンちゃんをウイルスなどの

外敵などからも守ってくれます。

 

悪玉菌が減る=消化不良が改善される

・体に毒素が溜まらない、ということで、

口臭がなくなる効果が大いに期待出来ます!!

 

実際に、キュアペットを使用してみて

「愛犬の口臭がなくなった」という体験談も数多くありますので、

気になる方はキュアペットをお試しください。

<<キュアペットの公式サイトはこちら>>